当サイト相談スタッフから

あおやま

残置物の扱いについて

最近は下水道も普及しており、昔使っていた汲み取り式の浄化槽や、枯れて使わなくなった、もしくは上水道が整備されて使われなくなった古井戸は、使わなくなった後も土地に残されることが多いです。また、過去の解体工事や新築工事の際に出てきたいらないガラ、木材を地中に埋めてしまうこともあります。 これらは後から見た時にわからなくなっていることが多いですが、そのまま放置して土地を売ると、査定に悪影響が出る場合があります。 浄化槽や古井戸、解体ガラは埋めたまま放置されていると、新たに上から建物を作る時に、その部分だけ本来の地盤よりも強度が弱くなっていることがあります。耐震性に悪影響が出るので、そういったものは取り除かれている方が良い土地と言われてしまうのです。 残置物があることがわかっている場合、そのままの条件で売却する例もあるようですが、買い手からすると、そういう土地を買うのは避けたいと思うので、買取価格に不利なポイントになりますから、出来れば除去した状態で取引したいところです。 もしくは、残置物ありの土地でも高く買い取ってくれる会社を探すのも良いでしょう。 当サイトから最大6社の見積もりを一括でお申し込みいただけますので、お気軽にご相談ください。


60秒で完了 無料クイック査定

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7687

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

土地売却査定君 3つの特徴

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ