当サイト相談スタッフから

むらかみ

どこからどこまでが自分の土地?

土地売却において、自分の土地は一種の商品です。そのため、正しく土地を売るためには正しい面積を知る必要があります。普段使用している土地だけに大まかな面積については把握していらっしゃるかもしれませんが、果たしてその面積は本当に正しいのでしょうか。土地の境界が曖昧になっているケースもありますので、土地売却の際は土地の境界を正しく把握しましょう。
土地の境界には、大きく二種類に分けられます。一つは「官民境界」というものです。例えば、ご自宅の玄関前が道路と面していたとします。道路は自治体が管理しているため、玄関前と道路との境界は官民境界となり、土地の持ち主と自治体の担当者が立ち会う事になります。もう一つは「民民境界」というものです。ご自宅の隣に別の方のご自宅が隣接しているなどがそれにあたり、住民同士で立ち会って話し合う事になります。
ただし、話し合いによって決着しないケースもあります。そのような場合に利用されるのが「筆界特定制度」というものです。これはスムーズに境界の確定が成されるように、法務局の担当者が立ち会って境界を判断する制度です。訴訟を行うより迅速かつ費用を抑えて解決する事ができます。土地売却は大がかりな取引だけにトラブルも発生しやすいですが、それらを回避して少しでも高額で売却できるよう、できることは何でもやっておきましょう。まずは、当サイトから信頼できる業者を探してみてはいかがでしょうか。


60秒で完了 無料クイック査定

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7687

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

土地売却査定君 3つの特徴

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ