当サイト相談スタッフから

あおやま

地盤改良済みの土地の売却時の注意点

土地を売却する時は、もちろん土地自体の広さ、土地の所在地(周辺環境、鉄道や高速道路などの交通アクセス)はもちろん、その土地の近所の土地の相場というのは影響してきますが、特に気をつけておきたいのがその土地が「地盤改良」してあるかどうかです。 地盤改良は、本来家を建てるには不向きな場所や、地震対策のために既存の地盤に改良工事を施すことを指しますが、工法によっては土地売却時の査定にマイナス要因になることがあるようです。 でも、軟弱地盤をきちんと家が建てられる状態にしたのに、何故マイナス評価になるの?と思われるかもしれませんが、特に影響が大きいのが柱状改良工法と鋼管杭工法です。これらは、家を支える杭なのですから、当然基礎の形に併せて地中にセメントを流し込んだり、鋼管を打ち込むわけですが、この基礎の形に合わせて行なうのが曲者で、他の建物を建てる時には、また違う場所に杭を打つ必要が出てくるのです。 そういうことが関係して、柱状改良と鋼管杭は、改良工事ではなく地中残置物として扱われてしまうことが、土地売却時のマイナス評価につながっているようです。 しかし、裏を返せば今まで建っていた建物と同じような形状の建物を建てる場合は、再利用できる可能性も出てきます。用途次第では地中残置物も関係ないかもしれません。 いずれにせよ、幾つかの不動産業者の査定を比較してみることをおすすめします。


60秒で完了 無料クイック査定

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7687

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

土地売却査定君 3つの特徴

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ