当サイト相談スタッフから

いとう

農地を売却する場合

「持て余している土地がある」「土地を相続したが、利用する予定もない」そのような場合は、土地売却という方法が考えられます。土地は、ただ持っているだけでは費用ばかりがかさみます。デメリットばかりが多い土地は、土地売却によってお金に変えてしまうのが良いでしょう。しかし、どのような土地も簡単に売却できるわけではありません。例えば、その土地が「農地」だった場合、土地売却が厳しくなる恐れがあります。
現在は農業に従事する人も少なくなり、農地を相続しても農業を行わないという方も珍しくありません。そのような農地も売却することは可能ですが、農地の売却については「農地法」によって厳しく定められています。農地法とは、農地の保護を目的とした法律です。この法律によって、農地を購入できるのは、農業に従事している人か、農業法人に限定されています。つまり、誰でも簡単に農地を購入できるわけではないのです。中には、農地の用途の転換(転用)を行ってから売却を考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし転用についても農地法によって定められており、厳しい認定基準をクリアしなければいけません。
このように、農地の売却は非常に難しく、売却が決まっても大きな利益は望めません。しかしそのまま放置しても、雑草や害虫の発生を引き起こすばかりです。持て余した農地にお困りの場合は、業者の方に指示を仰ぐようにしましょう。


60秒で完了 無料クイック査定

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7687

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

土地売却査定君 3つの特徴

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ