当サイト相談スタッフから

あおやま

最近増えている土地売却のケース

土地売却のケースは様々ですが、今回は代表的なケースを幾つかご紹介します。 ケース1:戸建てに住んでいたが、維持管理や生活に不便な立地なので、家と土地を売却してマンションに引っ越したい このケースは、特にお子さんが独立されたご家庭や、定年退職されたご家庭に多いようです。お子様がご実家住まいだった頃は、部屋も使われてしますし、通学のためにそこから動けないということも多いでしょう。しかし、大学進学、就職など様々な事情でお子様がご実家を出られると、家には無駄なスペースが生まれて、維持するのが億劫になることも。 また、定年退職後に生活スタイルの変化から、便利な立地のマンションに引っ越す場合、土地売却を行うことがあるようです。 ケース2:遊休地の売却 遺産相続や、元々何らかの目的で購入した後、特に活用しないまま所有している土地の売却も増えています。 土地を始めとする不動産には固定資産税が掛かりますが、住宅用地や工業用地ではないただの遊休地に対しては、特に高額な税金が掛かるため、負担軽減のために売却を行うパターンです。 ケース3:事業廃止などによる売却 個人経営の商店、工場などを廃業する際、その用地を売却するパターンです。高齢化の中、跡継ぎが居ない商店や工場でこれらの動きは加速しつつあります。 これらのパターン以外にも、様々な事情から土地を手放す方がいらっしゃいます。その際は、土地売却査定君をご利用いただき、最大6社から業者の比較、選定を行っていただくことをお勧めします。


60秒で完了 無料クイック査定

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7687

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

土地売却査定君 3つの特徴

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ