当サイト相談スタッフから

いとう

土地に建っている建築物はどうするべきか?

土地売却の際には、その土地に建築物が残されている事も考えられます。そのような場合、その建築物は残しておくべきか、解体して更地にするべきか、どちらが良いのでしょうか。建築物の有無は、土地売却の査定にも影響を与えます。その時々の状況に合わせて考えていくべきでしょう。
まず考える必要があるのは、その建築物の築年数です。建築物は年数を経るほど価値が落ちていきますので、古すぎる建築物は事前に解体しておくことが望ましいです。例えば一般住宅の場合、それが木造か鉄筋コンクリート造(RC造)かにもよりますが、30年を目安として考えると良いでしょう。この年数を迎えた住宅は解体したほうが、査定額も有利になるでしょう。しかし近年は物を大事にする考え方も強くなっていますので、その建築物の状態によっては残しておく方が良い場合もあります。
また、周辺環境との調和も重要です。年数が経つことで変わるのは、その建築物の価値だけではありません。周辺環境も変化していきます。例えば、周囲には新築のRC造の建築物が多いのに、その土地だけ古い木造建築が建っていた場合、あまり好ましいとは言えません。視野を広く持って、トータルで価値を考えていくべきでしょう。
一度解体してしまうと元に戻す事はできませんので、更地にするか否かについては慎重に考える必要があります。もしも判断が付かないという場合は、不動産会社に査定を依頼するのが良いでしょう。当サイトは最大6社から一括で査定結果が届きますので、より良い土地売却の助けになることと思います。ぜひご活用ください。


60秒で完了 無料クイック査定

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7687

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

土地売却査定君 3つの特徴

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ