当サイト相談スタッフから

あおやま

狭隘な土地の売却について

狭隘(きょうあい)というのは、辞書で調べると面積などが狭くて、余裕がないこと、もしくは心が狭くて度量が小さい事という意味だそうです。 土地に対して狭隘という場合は、敷地面積が狭い事を指します。そうした土地の中には、公道と繋がっていなかったり、または隣接する道路も大変狭かったりして、使い道が限られてしまうケースもあるようです。 一見すると何の価値もなさそうな狭隘な土地だとしても、諦めることはオススメしません。 価値が無いものだと決めつけて何年と放置している狭隘な土地がある方は一度土地を査定してもらうと良いかもしれません。 その理由ですが、実は、土地というのは合体して1つの土地にまとめることが出来るのです。 合筆登記というのですが、この方法を使うと、今まで分かれていた土地が1つの土地にまとめることが出来ますので、より広い土地になるほか、複数の土地を管理する煩雑さも無くなります。 また、その狭隘地を買い取ることで、接続道路を増やしたり、あるいは家などは建てられないにしても、資材置き場として活用したいと考えている方がいるかもしれません。 その土地の価値を決めるのは、面積はもちろんのことですが、何よりもまず、その土地を活用したいと考えている人がいるかどうかです。


60秒で完了 無料クイック査定

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7687

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

土地売却査定君 3つの特徴

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ